快適な衣服

かわいい着物

半纏は日本の気候に適した衣類です

日本における気候の特徴として1年に四季があることが挙げられます。夏は温暖な一方で冬には寒くなり春と秋には季節の変化を楽しむ行楽が盛んになると言う従来の印象に対して、近年は世界的な気候変動の影響を受けて夏は高温多湿の傾向が強まりつつ冬は温暖化の年があれば各地で豪雪年に見舞われる年も珍しくなくなってきました。 地球規模の気候変動が続く中で日々を気持ちよく過ごすための衣類を選ぶことは生活上でも重要になっています。和服は伝統的な衣類としてどのような気候でも活用ができますが、半纏は比較的手軽に活用できる和服と言えます。半纏は上着として容易に重ね着ができるので冬に活躍するだけではなく、夏物の半纏を着用すれば通気性にも優れていて快適です。

割安に活用できる和服です

現在の半纏は祭り等の装いとして活用されることが多いですが、江戸時代に庶民が 着用するようになった当初は職人や店員等の労働者層の作業着として利用されることが多く、明治維新後からも高度経済成長期以前まで広く使用されていました。雇用者が屋号等の印半纏を従業員や職人に支給することも多く、正装としても通用する衣装でした。 近年では様々な伝統行事を地域の活性化行事として活用することが多く、よさこい等でも半纏は衣装として需要が増えています。現在では普段着は洋装が多くて和服を着用する機会が少ないため、和装の価格は高いと印象が強いでしょう。しかし、半纏の価格帯は大抵が数千円から五千円程度が中心です。高級品となる刺繍等を入れた半纏でも一万円前後が一般的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加